教材の内容 - 梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】解説ホームページ

サイトマップ

梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】では、18年間あがり症で苦しみ続けた人でも1日たった15分で出来る簡単トレーニング法をご紹介。

教材の内容 - 梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】

「TNTメソッド」とは?

このあがり症改善促進会独自の「TNTメソッド」ですが、TNTとは Tranlation Negative Thinking の略です。訳せば、ネガティブ思考の変換といったところでしょうか。

ネガティブ思考って一般的にはマイナス要因ですよね。それをプラス要因に変えてしまおうということです。

あがり症の人にはネガティブ思考の人が多いのですが、このノウハウは、ネガティブな人でも簡単にできるということです。

それどころか、ネガティブな人の方が向いていると言ってしまってもいいかもしれません。

なぜなら、このノウハウは最強にネガティブモードだったSさんが、超絶ネガティブな自分自身のために考えた方法をベースにして、全ての「あがり症」の人、特に思っていてもなかなか行動に移せないようなネガティブ思考の人のことを、まず第一に考えて作成されたノウハウだからです。

チェックマーク画像 どうしても、何でも悪い方向にばかり考えてしまいますか?

実は、悪い方向に物事を考えるのが悪いわけではないんです。

そんなこと、普通の事です。

悪い方向に物事を考えた後が問題なんです。あなたのそのままの考え方を少し発展させるだけです。

「あなたらしさ」を無理に変える必要なんてありません。

チェックマーク画像 いろいろ細かいことが気になって仕方ありませんか?

どうぞ、気にしてください。

逆にそのことが、あがり症の改善や自分に自信を持つということのキッカケとなる可能性があるんです。

今まで無意識に気になってしまっていたものを気にするな、というような無下なことは言いません。

チェックマーク画像 人前に出て何かをするという事は不安で仕方ないですよね?

このノウハウは、人前に出て何かをする必要はありません。そういう方法になっています。

現時点で苦手意識の強いことや、どうしても嫌なことをわざわざ無理矢理行う意味が分かりません。

続けていると、人前に出ていくことに対しての苦手意識が自然になくなっていきます。

 

さらに、

ネガティブ思考が、ポジティブ思考よりも断然有利なことがある。という事実をあなたは信じられるでしょうか?

あなたのネガティブ思考を無理矢理ポジティブ思考に切り替えろとか、まるで不感症になれと言わんばかりに、何も気にしないようにしろとか、そんな不自然なことや無理難題は一切あなたに要求しません。

あなたはあなたらしいのが、一番です。あなたらしさを保ったままで、あがり症を改善することができます。

もちろん、ポジティブ思考と自負するあがり症の方にも最適です。なぜなら、「不安」というネガティブ思考的要素は、誰の中にも必ず存在するからです。

それらのマイナス要因がプラスに変わったとしたら・・・想像するだけで、もうワクワクしてきませんか?

それでは、このマニュアルの内容を紹介します

では、このあがり症改善促進会のマニュアルの内容を紹介させてもらいます。

この先に紹介する内容全てが、あなたの財産となります。

心の準備はいいですか?

まず最初に、あがり症に関する重要な情報を正確に得ていただきます。

あまりに多くの人があがり症の間違った情報を信じてしまっています。まずは、あがり症の事を正しく理解しない事には始まりません。もうあなたにあがり症のことで知らないことがあるとは言わせません。

チェックマーク画像 赤面? 多汗? 震え? どもり?結局「あがり症」って何なんだ?

99.9%の人が症状の違いで、あがり症を分類します。

基本的なことをきちんと理解すれば、このような分類がほとんど意味をなさない必要のない行為であることが分かるでしょう。

「あがり」とはどういうことなのかを正確に理解しましょう。表面的な症状の違いと原因というものは、ほとんど関係ありません!

チェックマーク画像 あがり症ってやっぱり病気なの?

違います。もちろん世間的には賛否両論あると思いますが、それは単に各分野での定義付けの違いですので、どうということもありません。

どちらにしても、あがり症改善促進会は断固として認めません。

論理的な検証から、あがり症は病気ではないことを納得していただきます。「体質的にあがり症だから・・・」という言い訳は残念ながら、今後もう使えなくなります。

チェックマーク画像 あがらないようにと気をつければ気をつけるほどドンドンあがってしまう・・・具体的な「あがりのメカニズム」を徹底解説!

自分では気をつけているつもりなのに、全然コントロールできない。気をつければつけるほど、どんどん悪循環の深みにはまってしまう・・・。

そんな悪循環スパイラル状態に陥っているあなたも「あがりのメカニズム」をしっかり理解することで、あなたの「あがり症に対してのアプローチ」のどこが間違っていたのかが嫌でもハッキリ分かります。

もう、あがり症を恐れることはありません。

チェックマーク画像 知ってるつもりでも、実は分かっていない、「緊張する」と「あがる」の本当の違いとは?

「緊張する」ということと「あがる」ということは全く違うことです。

98.79%の人が正確には理解できておらず、単に「緊張の度合いの差」などと、なんとなく片付けてしまいます。分かっているようで分かっていないこのことをきちんと理解することで、あがり症に対しての恐怖心は劇的に軽くなくなるでしょう。

チェックマーク画像 「潜在意識」が「あがり症」に及ぼす影響とは?間違ってしまうと、大変なことになりかねません。

あがり症と潜在意識にはとても深い関係があります。

正しく付き合うと、あがり症改善にも効果がありますが間違ってしまうと、逆に悪化することもある「諸刃の剣」です。

潜在意識とあがり症の「良い関係」と「悪い関係」をはっきりと理解することで、あなたも「潜在意識とナイスな関係」を保てるようになります。

チェックマーク画像 ここを間違うと、98.6%蟻地獄にはまります。あがり症が改善するとはどういう事か?

あがり症は治る?治らない?あなたはどちらだと思っていますか?

具体的にあがり症が改善するとはどういう事だと思っていますか?

あなたが多くの人達と同様に、「表面的な症状が出なくなること」が「あがり症が改善すること」だなどと思っているのなら、それは大きな間違いです。

何に対して頑張ればいいのか、分からなかった今までのあなたとは今すぐ絶縁していただきます。

チェックマーク画像 これが理解できれば、既に改善は始まっています!本当のあがり症の原因とは?

相手の反応がどうしても気になる?
急な質問をされるとあがる?
自分に注目が集まるとあがる?
初対面の人と会う時はどうしてもあがる?

このようなことは、単なる「きっかけ」であって、あがってしまう原因でも理由でも何でもありません。問題は相手や状況ではありません。

本当の原因、それがキチンと理解できれば、あなたのあがり症は改善し始めていると言っていいでしょう。

 

あがり症のことが正確に理解できたところで、やるべきことが分からないなどとは絶対言えない様に具体的な改善方法をガッチリ伝授します。

 

チェックマーク画像 他のあがり症の治療機関や改善ノウハウでは99.99%教えてくれない具体的な「あがりにくい状態、コンディション」とは?

どのような状態が「あがりにくい状態、コンディション」なのか?

ということを理解できていなければ、例え、あがらないことがあったとしても、それはたまたま、偶然です。次の機会には、またあがってしまうかもしれません。

自分の状態をコントロールするためには

「どういう状態のときは、あがりやすいのか」
「どういう状態のときは、あがりにくいのか」

ということを理解する必要があります。

リラックスした状態???

そんなあいまいなものではありません。具体的な「あがりにくい状態」を具体的に紐解きます。目指す目標が具体的になることで、あなたがあがり症を改善していく道筋を迷う事はもうありません。

チェックマーク画像 あなたもほぼ確実に間違っていると断言できます!あがり症改善にまず本当に必要なこととは?

場数をふむ? 気にしない?? 開き直る???

謝った情報の氾濫のために、あなたも間違ってしまっていると断言できます。

もっともっと大事なことがあります。あなたの目から、とてつもなく大きなウロコが落ちることでしょう。

チェックマーク画像 あなたの知っているポジティブシンキングは 実は、99.8% 大間違いです。

ポジティブシンキングってどういう思考方法だと思っていますか?

何でも良い方向に捉えること?

99.8%、無責任にそのような意味で使われていますが、実際は全然違うんです。本当に物事をポジティブに捉えるってどういう事なのかが分かります。

チェックマーク画像 具体的に改善するために何をするの??あなたがまず行うべきことは、たったの2つだけです!

「TNTメソッド」であなたのネガティブ思考を変換します!

どうしてもネガティブに物事を考えてしまいますか?

全然問題ありません。どうぞ考えてください。そのネガティブな考えをドンドン役立つツールに変換します。そんな信じられない効果を得られる具体的な方法が、実はあるんです。

悪い状況にも負けないようにします。

どうしてもうまくいかない時って、実際あると思います。そんな時に、その悪い状況に負けて諦めてしまうんですよね。もったいないと思いませんか?もう大丈夫です。負けない方法、お教えします。

このたった2つのことを実践するだけで、あなたは「あがり症改善にまず必要なこと」を得られます。考え方のコツとか曖昧なものではありません。この上ないくらいに具体的な方法を伝授します。

たとえ、あなたが半信半疑で始めたとしても気が付くと、自分の殻を破って外に出てくることになるでしょう。

 

もちろん改善の入り口となる方法だけではありません。

あがり症の改善をどんどん加速させる情報と思考法もお教えします。

これらのことを知ってるか知らないかは本当に大きな違いです。少しだけ意識をするだけでも、あなたのあがり症は加速的に改善されていくことでしょう。

 

チェックマーク画像 あなたは信じられますか?ネガティブな人ほど成功するという事実!

ネガティブ思考の人は成功しない?

誰がそんなことを言ったのでしょう。ネガティブ思考の素晴らしいアドバンテージを残念なことに、あまりにも多くの人が知らずに過ごしています。

ネガティブ思考という言葉に喜びすら感じてしまうことでしょう。

チェックマーク画像 失敗してしまった・・・? それでどうしますか??失敗をチャンスに変えるために必要なこととは?

誰でも失敗する時があります。そんなことは当たり前です。

落ち込んでいたりしていたら、もったいないです。失敗によって劇的に状況が良くなることだって珍しくありません。これから先の失敗は、あなたにとって大きなチャンスとなるでしょう。

失敗したときでも嬉しくなってしまうかもしれませんが、ニヤニヤしてないように気をつけてください。

チェックマーク画像 言いたいことが伝わらない?あなたのコミュニケーションの問題とは?

伝えたいことが伝わらない。そんなもどかしさにもちゃんと理由があります。

コミュニケーションを取るとき、どのようなことに気を使っていますか?
どのように伝えようと考えていますか?

伝えたいことが伝わらないのは、見ている箇所が間違っているからです。ほんの少し視点を変えるだけで、スムーズなコミュニケーションがあなたのものになります。

チェックマーク画像 キッカケさえつかめれば、自動的に改善モードに! ドンドンあがり症を改善していく思考法とは?

あがり症改善のキッカケを少しでも感じたら、それを逃がしてはもったいないです。

物事の捉え方、考え方を、少しだけ変えることで特別意識しなくても、キッカケさえつかめれば自動的にドンドン改善の方向に向かってしまいます。

残念ですが、これからは誰からも「あがり症、大変ですね」と言ってもらえなくなります。

 

まだ終わりません。

もう既に来週プレゼンの予定が・・・
面接が目前に迫っている・・・

そんな緊急時に使える方法も満載です。

 

チェックマーク画像 キッカケさえつかめれば、自動的に改善モードに! ドンドンあがり症を改善していく思考法とは?

でも、本番はやっぱり不安ですか?シーン別、実践で使えるあがり症対策方法!

実際の場面で気をつければ「あがる」ことを避けられるチェック項目があります。これで、あなたの不安要素を根こそぎ取り除きます。

事前準備

ポイントを間違えたままで事前準備をしてしまうと、効果が半減するばかりでなく、逆効果になってしまう場合もあります。キチンとポイントを押さえて事前準備をすることが大切です。どうやって準備したらいいか分からないなんて、もう言わせません。

当日(本番開始まで)

当日の本番までの時間が一番緊張する時です。この時間帯を上手く過ごせれば、成功したも同然です。

当日(本番)

本番が始まったら、どうするか?何も難しいことはありません。ちょっとしたことに気を使うだけで、とてもスムーズに事が運べます。今まで嫌で仕方のなかった本番が待ち遠しくなってしまうかもしれません。

当日(本番後)

終わった後にすることがあります。次につなげるために、とても大事なことです。次回が楽しみで仕方なくなってしまうことでしょう。

チェックマーク画像 すぐに何とかしないといけない状況に直面している人のための本当にどうしようもない時にすぐ使える方法とは?

明日いきなりミーティングが・・・
面接がすぐある・・・
毎日営業に行かないと・・・
接待や宴会でいきなりスピーチ頼まれた・・・

まだ改善できていないのに、今すぐ何とかしないといけない、そんな状況の人のための、あがりの症状をとりあえず緩和させる方法です。

 

あがり症のメカニズムから、具体的な改善方法までを

医学、心理学、統計学、行動学、社会学、

ありとあらゆる角度から掘り下げて検証し、図解なども多数使用し、可能な限り分かりやすく解説しています。

これで、あなたはもうあがり症で悩むことはありません。


>> あがり症改善マニュアルの詳細はこちらをクリック!

あがり症なんて怖くない!1日たった15分!ドキドキ、ビクビクせずにやりたいことができる方法 - 価格キャッシュバック
あがり症を克服した人の画像