梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】解説ホームページ

サイトマップ

梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】では、18年間あがり症で苦しみ続けた人でも1日たった15分で出来る簡単トレーニング法をご紹介。

梅沢亮の【あがり症改善マニュアル】解説ホームページ

あがり症なんてもう怖くない!

1日たった15分の簡単トレーニングで、ドキドキ・ビクビクせずに、やりたいことができる方法を今からあなたに伝授します・・

18年間あがり症で苦しみ続けた人でも、わずか2週間後の会議で「俺やるな〜!」と思えるほどに話ができるようになってしまった「TNTメソッド」とは?

もし、あなたが本気で「あがり症を怖がらずに自信を持って思い通りに行動したい・・」そのように思い悩んでいるのであれば、5分間だけこの手紙を読んでみてください。

あなたの知っている既存の「あがり症改善法」とは99.98%違う、新しいアプローチの革新的あがり症改善法を公開します。

あがり症改善促進会のノウハウとは?

カウンセリング、催眠療法、話し方スクール、自己啓発系スクール、薬による治療、サプリメント類、マッサージ法、ツボを押す方法、その他リラックス法、アファメーション、モデリング、行動療法、場慣れする方法、気にしない方法、ポジティブになる方法、等々、現在、巷にあるあがり症改善の方法やコツ、または治療方法と呼ばれるものとは全く異なる、あがり症改善促進会独自の「TNTメソッド」を中心とした画期的なあがり症改善方法です。

また、老若男女を問わず、どのような症状の方にも根本的な部分に作用する誰にでも実行可能で効果的な具体的かつ実践的な方法です。

あなたも今すぐこの手紙をじっくりと読み進めて、多数の人が既に効果を実感しているその理由と方法を手に入れてください。

実績の画像

これから、あなたにお伝えしていく内容は

チェックマーク画像 あなたのあがり症に関しての考え方は間違っているかもしれない

チェックマーク画像 今までのあがり症改善の方法は何がダメだったのか?

チェックマーク画像 本当の「あがる」原因とは?

チェックマーク画像 あがり症の改善に本当に必要な事とは?

チェックマーク画像 似たようなことを言っているサイトや書籍も多いけれど、
   それらとは何が違うのか?

チェックマーク画像 あがり症改善促進会のノウハウとは?

チェックマーク画像 あがり症改善促進会独自の「TNTメソッド」とは?

 

といったことです。あなたの知りたいことはありますか?

1秒でも早く何とかしたいという気持ちはよーく分かります。そのためにも、大切なことを見落とさないようにじっくりと読み進めてください。

では、あがり症を改善し、人生を180度変える心の準備はいいですか?

あがらなければ、上手くいきますか?

まず、あなたに一つ質問です。

あなたが心配して、気にしている「あがる」ということはどういうことですか?

・赤面することですか?
・声が震えることですか?
・通常よりも汗が出てしまうことですか?
・手や足が震えることですか?
・焦ってしまうことですか?
・言葉が引っかかってうまく話せないことですか?
・頭が真っ白になるということですか?

ここまで、読み進めてくれているということは上記のような症状が気になって、上手くいかなかったり、失敗したり・・という経験がたくさんあることだろうと思います。

もちろん、気になって当然だと思います。

しかし、もしかしたら「あがらなければ、上手くできる」と思ってたりしませんか?

もし、そう思っているのであれば、残念ですがあなたのその考え方は間違っています。

ちょっと嫌かもしれませんが、あなたが初めて「あがってしまった」と認識してしまった時のことを思い出してみてください。

上手くできないかもしれない、失敗してはいけないという不安から緊張してあがってしまい、その結果上手くできなかったという流れのはずです。

そうです。あがるから、上手くできないのではないのです。上手くできないかもしれないという不安からあがってしまうのです。冷静に考えると誰にでも簡単に分かることですが、多くの人が逆に考えてしまっています。

「あがり」を何度か経験してしまうと、その症状に不安をいだくようになります。「あがってしまうこと」自体が不安要素となってしまうわけということです。

つまり、実際にその場で行うべきことをどう行うかということよりも、「あがってしまうかどうか」ということばかりを気にしているということです。

信じられないかも知れませんが、失敗したときの自分への言い訳のために自らあがることを望んでしまっているという場合すらあるのです。

これでは、失敗しても仕方ないですよね。

そして「あがってしまったから」と、また同じようにつぶやく・・・これが、同じところをグルグル回ってしまう理由の一つです。

さて、少し冷静に考えてみてください。どのようなときに「あがる」のでしょうか?

一人で部屋でじっとしている時にはあがりませんよね?
一人で誰とも接していないときには、決してあがりませんよね?

「あがる」時というのは、直接的であっても間接的であってもコミュニケーションという他者とのかかわり合いが、同時に必ず存在します。

よくあるあがり症改善方法とは、ほとんどが緊張を和らげるとか、自信をつけるとか気にしないようにするとか、自分自身の状態をどうにかする・・ということを目的としています。

スキルアップや自己啓発的なものも、自信をつけることを目的としたものがほとんどです。つまり、自己完結型なんです。

コミュニケーションの場面であるのに、相手や対象のことを見ていない方法ばかりなんです。何となくクエスチョンマークがつきませんか??

一見コミュニケーションの訓練のように見える話し方教室等でも、大抵のクラスはある決まった内容やテーマを決まった相手に話しています。同じ状況なんてありえませんよね。結局、個人の自信をつけることが主の目的なんです。

それらの方法が、あがり症改善に効果が全くないとは言いませんが、原因が見えていない状態だと結局その場しのぎの小手先の方法でしかないのです。

コミュニケーションの対象の相手を見ていない状態で、きちんと改善できるのでしょうか?

自分の気持ちだけを考えているような自己完結的な観点で本当に改善が可能なのでしょうか?

あなたが、あがり症をなかなか改善できずに苦しんでいるのは、見ている場所を間違ってしまっているからではないでしょうか?

あがり症を根本的に改善していくカギは、相手を含めたコミュニケーションの中にあるのです・・


>> あがり症改善マニュアルの詳細はこちらをクリック!

あがり症なんて怖くない!1日たった15分!ドキドキ、ビクビクせずにやりたいことができる方法 - 価格キャッシュバック
あがり症を克服した人の画像